世界初、大阪国際空港内にワイン醸造所・ワインバルを開業 ~年間生産本数わずか約12,000本の小さな小さな「空飛ぶ葡萄のワイナリー」~

2018年2月2日

東京都内で第3番目となるワイン醸造所「深川ワイナリー東京」を運営する株式会社スイミージャパン(本社 東京都江東区 代表取締役社長 中本 徹)は、2018年4月18日に大阪国際空港(伊丹空港)内に新たにワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」と醸造風景を眺めながらお食事とできたてのワインを楽しむ南イタリア料理を主体としたワインバルを開業いたします。

世界初、大阪国際空港内にワイン醸造所・ワインバルを開業

世界初、大阪国際空港内にワイン醸造所・ワインバルを開業

世界初、大阪国際空港内にワイン醸造所・ワインバルを開業

~年間生産本数わずか約12,000本の小さな小さな「空飛ぶ葡萄のワイナリー」~

世界発、大阪国際空港内にワイン醸造所、ワインバルを開業

 

大阪国際空港ターミナルのリニューアル第一弾の一環として、中央エリア3階飲食ゾーンへの出店となり、新しくひとつに集結された大阪国際空港到着口に降り立ち見上げると、3階にはガラス越しにワインの醸造タンクが並び、併設のワインバルでは醸造風景を眺めながら実際にその場で醸造したワインをお楽しみいただけます。

生ビールのようにタップから注がれるワインは全8種類。大阪エアポートワインの出来立てのワインはもちろんのこと、日本各地の選りすぐりのワイナリーからシーズン毎にワインをお届けいたします。

その他、100種類を超えるソムリエ厳選のヨーロッパ主体のワインもボトルでご用意。

※エチケットデザインはイメージです。

 

地元の食材を用いた南イタリア料理。

 

いいだこのゼッポリーニ 関西たこ焼き風

 

瀬戸内レモンを使ったローストレモンチキン

 

サルディーニャ産のカラスミパスタ

料理は気取らない、でもきちんと「テマヒマ」かけた飾らない無骨な南イタリア料理を、大阪国際空港から半径50マイル内の地産地消の食材をメインにイタリアから空輸した食材とマリアージュしご提供いたします。

 

ランチには本気のパスタ、夜はもちろん昼から軽く1杯とおつまみ、またはゆっくり腰を落ち着けてワインとお料理を楽しむなど、様々なシーンで楽しんでいただける気軽なワインバルです。

また常駐する醸造歴20年以上の醸造家 照屋 賀弘とワイン醸造体験やオリジナルワインづくりなど「モノ造り」だけではない「コト創り」を提案する世界初の空港内ワイナリー&ワインバルです。

ワインをもっと気軽に、ワイン醸造をもっと身近に、ワインを通じて日本各地の生産者と消費者を結ぶ、空港が経由地ではなく目的地になる新たな楽しみ方をご提案いたします。

 

※醸造免許申請中。

 

大阪国際空港(伊丹空港)内中央3階エリア

大阪府豊中市蛍池西町3丁目555番地

「大阪エアポートワイナリー」

・営業時間:11:00~23:00

・年中無休

 

施工:有限会社真栄田工務店 〒547-0043 大阪市平野区平野東4-2-37

設計:吉本設計株式会社 〒273-0039 千葉県船橋市印内1-9-2-503

 

 

株式会社スイミージャパン

〒135-0045

東京都江東区古石場1-4-10高畠ビル1F

www.swimee.co.jp

www.airportwinery.osaka